御社の人材を「人財」にする仕組みづくりをサポートします

おしらせ

2017年3月4日
平成29年2月21日(火)午後、介護事業所様向け『魅力ある職場づくり実践セミナー』に登壇致しました。
2017年3月4日
平成29年2月21日(火)午前中、保育士様向け『ワクワク「力」アップセミナー』に登壇致しました。
2017年3月4日
平成29年2月2日(木)弊社主催で介護保険改正セミナーを開催しました。
2017年3月4日
平成29年1月18日(水)介護事業所様向け「自己理解セミナー」「まだ間に合う助成金活用セミナー」に登壇しました。
2016年12月23日
平成29年2月2日(木)弊社主催で介護保険改正セミナーを開催致します。

このような事でお悩みではありませんか

1.  人の採用にうまくいかない。そもそも人が集まらない。

採用が上手くいっていないことについては、理由があります。必ず御社に合った採用方法があるはずです。その採用方法を見出し、御社のユニークでそしてオリジナルな仕組みをつくっていくことが必要です。

これから益々少子高齢化が進んでいきます。今後、この少子高齢化のツケは人材採用でカバーしなければなりません。但し、打つ手は必ずあるはずです。御社に合った採用方法をご提供致します。

img01

2. 人が育たない。どのようにすれば人が育つ組織になるのか。

人が育つためにはまず環境が必要です。通常、企業において教育というと、定期にOFF-JTの研修を入れたりもすると思いますが、メインはやはりOJTです。

御社がどのような方向に向かっていくのか、どのような存在意義があるかということを考えた時に、誰を対象にどのような教育をしていくかは見えてくると思います。御社に合った人が育つ「仕組み」と「研修」をご提供させて頂きます。

img02

3. キャリアパス制度(人事評価制度)を取入れてもうまくいかない。

キャリアパス制度を取入れる事がゴールになっていないでしょうか?制度の導入はあくまでもスタートラインに立ったことに過ぎません。その制度を利用して、企業はどのようになりたいか?何をすればいいのか?ここが明確になれば、組織が大きく前進するようになります。

どのようなキャリアパスを作ればいいのか?また導入後どのように運用すればいいのか?人が育つ土台づくりとして、しっかりとご支援させて頂きます。

img03

当事務所が選ばれる3つのポイント

1. 通常の社労士業務から、人財化業務まで人財のワンストップサービスをご提供致します。

スポーツには、大きく分けると、攻める要素(オフェンス)と守る要素(ディフェンス)の2種類があります。これは企業経営でも同じことです。

「人」に関する部分で言えば、攻める要素(オフェンス)は、人材を人財化することです。その企業の中で、経営理念や社長の想いのもと、そのベクトルに向かってしっかりと力を発揮される人事(採用・教育・評価)を行っていくことです。

また、守る要素(ディフェンス)とは、企業を守るための労務管理やコンプライアンスをしっかりと行っていくことになります。

当事務所では、御社に合った攻める要素(オフェンス)と守る要素(ディフェンス)を構築し、御社独自のノウハウとして積み重ねて頂くご支援をご提供致します。

2. 受け身の業務ではなく、常に仕掛ける業務をご提供致します!

2つ目のポイントとしては、当事務所はそのタイミングにあった内容の提案や情報のご提供をさせて頂いております。契約後も当事務所から最新の情報や必要な情報をご提供するのはもちろんのこと、当事務所主催のセミナー等においても、特別枠で情報共有の機会をご提供させて頂きます。

3. もちろん、助成金のご提案から申請代行もお任せください。

助成金についても、当事務所からの提案~申請代行まで承ります。お気軽にお声掛けいただければと思います。

サービス案内